赤ら顔の原因・対策・治し方

赤ら顔って?

赤ら顔のタイプは様々あります。個々によって原因が違うため、赤ら顔の治療法はひとつではありません。

赤ら顔の原因として考えられるのは、「ストレス」「老化」「長年にわたる飲酒」「にきびによる炎症期間が長かった」「ステロイドの長期使用」「寒冷地に居住しているために受ける温度差」などです。

上記のような原因が長期間に渡って影響があるために、毛細血管が太くなったりするなど増生します。また、先天的に毛細血管が通常より太い場合も「赤ら顔」になります。

これらのことが原因である場合には、クリームなどの化粧品やレーザーによる治療で赤ら顔に改善がみられます。先天性の赤ら顔の方であれば、ファンデで隠すなどの対策で十分な場合もあります。

ただし、気をつけないといけないのは何らかの病気が原因で赤ら顔を形成している場合です。甲状腺や心臓に疾患がある場合にも赤ら顔のような状態になることがあるそうです。

どういった、赤ら顔のタイプであろうとも、個人の判断は危険です。あまり気になるようであれば、まずは病院で赤ら顔の原因を突き止めてもらいましょう。


もう赤ら顔で悩まない!
<創業36年>老舗エステサロンから赤ら顔用美容液が新登場!


赤ら顔と敏感肌

敏感肌の方に赤ら顔って多いんです。敏感肌には先天性のものと後天性のものがありますが、どちらのタイプでも健康な肌より表皮が薄いので、外部からの刺激が強く肌の深部(真皮層)まで伝わってしまいます。

刺激により、過敏に毛細血管が反応して拡張してしまいます。赤ら顔の出来上がりです。

頬には毛細血管がお腹の約5倍ほど存在しているので、外から見ると無数の拡張した毛細血管のせいで、顔が赤くなったように見えるという訳なんですね。

毛細血管の中を流れる血液、表皮ごしに見えるのが「赤ら顔」の赤みの正体です。乾燥肌は大人にきびやその他の皮膚炎を起こしやすく、アトピーもそれに当てはまります。

敏感肌の方が一番気をつけないといけないことはとにかく「刺激を与えない」ということです。ピーリングをしたり、洗顔時に肌を擦ったりするなど、肌に摩擦を与えることは絶対に止めましょう。

また、メイクをする時にはベースメイクをしっかりして、外部からの刺激を避けましょう。敏感肌を治すには、エステに通ったりサプリメントを摂ったりするなど自分の肌に足りないものを補うようにしていくことが大切です。

睡眠不足や不規則な食生活はもっての他ですし、清潔な状態を保つことも必須です。まくらカバーやファンデーションのスポンジなど常に清潔なものを使うようにしましょう。

敏感肌による赤ら顔は、小さなことの積み重ねで改善します。

 

赤ら顔とニキビ

赤ら顔の原因の一つにニキビが挙げられます。皮脂が過剰に分泌されるとニキビが発生しやすくなりますし、脂漏性皮膚炎になる場合もあります。脂漏性皮膚炎になっている部位は、炎症のために赤くなります。

また、ニキビが悪化する過程にも炎症を起こしますので、この場合にも赤くなります。皮膚が赤くなっているのは、鬱血しているからなんですね。たくさんのニキビが出来れば、皮膚が赤くなる範囲が広がります。炎症が引くにはある程度時間が必要ですから、その間、赤みをもったままの状態になります。

ニキビが良くなってしまえばいいのですが、そのまま増え続ければ当然、赤みが引くことがないので、赤ら顔がずっと続くという訳なんですね。ですから、ニキビを治すことがこの場合の赤ら顔を解消する方法です。

ただ、ニキビが改善された場合にでも赤みだけが残る場合があります。これは肌質によるんですね。赤ら顔も本人にとっては悩みの種なのですが、ニキビ以外の肌トラブルに移行することもありますので、気を付ける必要がありますよ。放置すると、老化を早めてしまう可能性もあります。

ニキビは赤ら顔など様々な肌トラブルを誘発します。自分の肌の状態にあった対策を講じましょう。

 

フォトフェイシャルで治す

赤ら顔は継続して顔に赤みがある状態を指します。

赤ら顔には様々な原因がありますが、その治療法としてフォトフェイシャルが挙げられます。毛細血管が拡張するために広がって見える赤ら顔の方でも、フォトフェイシャルを施術することによって、透明感のある美肌を手に入れることができます。

●フォトフェイシャルって何?

フォトフェイシャルでは、IPLという特殊な光を肌に照射することによって赤ら顔やしみ・くすみなどの肌トラブルを改善します。フォトフェイシャルの光は毛細血管に一切、ダメージを与えずに毛細血管を縮小させることが可能です。赤ら顔のもともとの原因が毛細血管の拡張ですので、これをストレートに治療してくれるのですから、効果の高さを窺い知ることができるでしょう。

●フォトフェイシャル施術のメリット
・肌へのダメージが少ない
・患部のみへ光を照射できる
・治療時間が短い
・ダウンタイムが無いので治療後、すぐにメイクができる
・しみだけ、くすみだけに効くと言ったことではなく、総合的に美肌に近づける

●デメリット
・アトピー・妊婦の方は施術を受けることができない
・数回、施術を受ける必要がある

フォトフェイシャルは皮膚科や美容形成外科などで施術をすることができます。施術の回数は個人によって違うのですが、効果はかなり期待することができるようです。

料金はクリニックによって異なっていて、だいたい1万円から5万円と設定されています。ただし、キャンペーンやお試し価格などを提供しているクリニックがありますから、色々と調べてフォトフェイシャルを受けるようにすればいいですね。
 

レーザーでキレイに改善

赤ら顔は実は、レーザーでキレイに改善する事ができます。

もちろん、肌の状態を医師に診断してもらった上で判断する必要はあります。以前の赤ら顔の治療と言えば、手術や入院が必要でした。

でも、レーザーの登場でそういった面倒なことが無くなったんです。メスを使いませんので、腫れや赤みが出ませんし、もちろん、ガーゼで保護したり消毒をする必要もありません。レーザーは毛細血管まで到達して作用するので、様々な赤ら顔の症状を改善することが出来るんです。

レーザーには2種類あってそれぞれにメリット・デメリットがあります。従来のレーザーの場合、効果は高いですが赤みが残る場合があります。

それに対して新しいレーザー治療であれば、痛みは比較的少なく、赤みも残りません。ただし、月に一回程度の割合で半年ほど通院する必要があるそうです。

ただ、心配なのは赤ら顔の部位以外にも影響を与えてしまわないか?といったところだと思いますが、レーザー治療では患部のまわりの組織に影響を一切与えません。毛細血管が拡張してしまっているところにだけピンポイントで治療をしていきます。

赤ら顔の治療で使われているレーザーの機械は病院によっても違いますし、医師の技術も様々です。カウンセリングを納得のいくまで受けた上で、レーザーで赤ら顔を解消しましょう。


もう赤ら顔で悩まない!
<創業36年>老舗エステサロンから赤ら顔用美容液が新登場!

最終更新日:2017年1月17日