キッズ英会話

New! スカイプで英会話/無料体験実施中

幼児やキッズの頃から、英語に触れていると、英語の発音、リズムが自然に身に付くのでキッズ英会話学習は理想的な学習法です。

日本人のバイリンガルのほとんどは家では日本人の両親が日本語を喋り、学校がネイティブの英語 環境というのがほとんどです。

たとえば、アメリカに駐在するビジネスマンの家庭で、現地の学校に通ったり、宇多田ヒカルさんのように日本国内でアメリカンスクールに通学してバイリンガルになった例もあります。

そうは言っても一般的にはそのような環境にないので、残念!

ここでは日本国内の家庭で簡単にできるキッズ英会話学習法について紹介します。できる範囲内で取り組んでみてください。

 

親も一緒に楽しく取り組む

子供だけにやらせるのはだめです。親も英会話をマスターするぞという姿勢で子供と一緒に楽しく取り組むことです。そうすれば、その楽しい雰囲気から、英語が好きになります。

また脳波がアルファー波優勢となり、集中し、やる気もでてきますので、学習効果がどんどん上がっていきます。

子供がやる気をみせないからとか、できないからといって怒ったり、バカにしたりするのは厳禁ですヨ。できたところ、できるところを見つけてどんどん誉めてやりましょう。

 

英語のシャワーを浴びる

英語CDやラジオの英語放送を一日中かけっぱなしにする。すると自然に英語のリズムと発音が身についていきます。

また、洋画のDVD、テレビのキッズ向け英語番組やバイリンガル放送のアニメを英語で見るのも効果的です。

英語と日本語ヴァージョンを交互に見せるのも効果的ですネ。キッズ英会話はとにかく【聴く】、【喋る】を徹底することです。お子さんの実力を見ながら実施してください。決して無理強いはしないで下さいね。

 

英語の歌を覚えて歌う

英語の歌をお子さんと一緒に覚えて歌いましょう。歌は、英語の発音やリズムを楽しく覚えられて記憶にしっかり残ります。また、一緒に歌うことで、親子の絆もぐっと深まりますので、一石二鳥ですよ。

 

英語スピーチコンテストなどにエントリーする

ただ、なんとなく英語を学習していてもモチベーションは長続きしません。ある程度の実力がついたらスピーチコンテストなどで腕試しに挑戦してみましょう。

目標を持つとそれを目指して頑張りますので、集中力が高まり、学習効果があがります。時々、このような発表の場を設けてあげることも極めて有効です。

公のものがベターですが、無理な場合はプライベートな身内だけの発表会でも構いません。人前でスピーチすることで自信がつき、モチベーションがどんどん上がって、自発的に学習するようになります。

そうなったらしめたものですネ。うまくいかなくても、できたところを誉め、励ましてあげましょう。

 

フルオーケストラの音楽を聞く

各民族の言語が優先的にその意味を見出すことのできる音の周波数帯を「パスバンド」と呼んでいます。

日本語の場合125〜1500ヘルツに分布し、英語で2000〜16000ヘルツに分布していますので接点がありません。

もちろん聞こえてはいますが、日本人にとって言語上の意味がないので聞き取りにくいということです。英語が聞き取れる英語耳にするには高周波音を強調して英語を聴くようににすればいいのです。

また、同様に高周波音のたっぷり含んだ音楽は脳を活性化し、アルファー波優勢にしますので、普段からバイオリン音楽や、フルオーケストラの音楽を聴くように心がけてください。

 

▼ サイト内英語関連ページ一覧

英会話の勉強法 | 英単語の暗記方法 | 集中力アップ法

英会話教室の賢い選び方 | 英検 TOEIC TOEFL

最終更新日:2017年1月17日