成長期に身長を伸ばすには、運動・睡眠・食べ物のバランスが大切

身長を伸ばすための3つのポイント

1つ目は、「運動」運動をすることは、骨に適度な刺激をもたらすとともに、熟眠できる要因となります。

身長を伸ばすためには、運動不足は禁物です。

運動不足になると、食欲がわかなくなったり、夜の寝つきが悪くなります。

身長を伸ばすために必要な成長ホルモンは、深い睡眠をとっている時に最もよく分泌されるため悪循環になってしまいます。

しかし、運動をすると、熟眠をもたらしてくれるので十分な成長ホルモンが分泌され、さらに、食欲が増すため骨の成長にもつながるのです。

2つ目は、「睡眠」身長を伸ばすために最も重要なのは睡眠といっても過言ではありません。

なぜなら、身長を伸ばすために必要な成長ホルモンは、深い睡眠をとっている時に最もよく分泌されるからです。

現代の子供たちが抱えている大きな問題、それは、睡眠不足です。

夜遅くまでテレビを観ていたりゲームをしたり、さらには、学校のことや友達関係、ストレスなど情緒不安定による浅い睡眠が、成長ホルモンの分泌を妨げる原因になります。

3つ目は、「食べ物」身長を伸ばすためには、全ての栄養素をバランスよくとることが大切です。

その中でも身長を伸ばすためには、以下の四つの栄養素が特に必要です。

・たんぱく質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛

成長期の子供の背を伸ばすためには、上記の「運動・睡眠・食べ物」をバランスよくしっかり取ることが大切です。

身長の高い・低いは、遺伝で決まると思い込んでいませんか?

身長における遺伝の影響は、一般的に25%程度と言われています。

睡眠・栄養・運動・まわりの環境などの様々な外的要因が子供の背の伸び具合に大きな影響を与えます。

そして、背が伸びる時期には個人差があります。思春期を迎える時期が早いか遅いかによっても違いますので、現在の身長が周りと比べて低いからといって、決して悲観することはありません。

今は、身長が低くても、もっと伸びる可能性は十分にあります。

ただし、お子さんの背丈があまり伸びない場合、低身長の可能性があります。

低身長には、様々な原因が考えられますが、成長ホルモンの分泌が妨げられることによって起こる障害です。

子供の身長を両親の身長から予測する方法

ご存知でしたか?両親の身長から子供の将来の身長をある程度予測する事ができるそうです。

参考サイト 子供の身長予測計算法

両親の身長から、子供の身長を導き出す計算式

  • 男子の身長=(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2
  • 女子の身長=(父親の身長+母親の身長-13)÷2+2

※参考サイト上に自動計算ツールがあります。

平均身長 – 幼稚園児・小学生・中学生・高校生

平均身長は、毎年文部科学省が統計資料として発表しています。

子供たちの発育状態を把握し、統計資料としてデータを収集する目的で、幼稚園児・小学生・中学生・高校生の明治33年から現在までの平均身長データがあります。

     平均身長(男性) 平均身長(女性)

17歳 170.8cm             158.0cm

16歳 170.0cm          157.8cm

15歳 168.5cm          157.3cm

14歳 165.2cm          156.7cm

13歳 159.8cm          155.1cm

12歳 152.5cm          152.1cm

11歳 145.1cm          146.8cm

10歳 139.0cm             140.3cm

9歳   133.6cm          133.5cm

8歳   128.3cm             127.4cm

7歳   122.5cm             121.6cm

6歳   116.6cm             115.8cm

5歳   110.7cm             109.8cm

平成19年度学校保健統計調査

最終更新日:2017年1月17日